車の洗車は大体一ヶ月に一度くらいのペースで行うことが多いそうです。黄砂の多い時期になりますともっと頻繁にしなければいけませんし、黒い車ですとほこりなどは目立ちやすくなりますので、この場合も洗車の頻度が上がります。

頻繁に洗車をしていますと水道代もかかりますし、そもそも面倒です。それを軽減してくれるのがガラスコーティング剤なのです。これは何と三年間ノーワックスでピカピカの状態が保てるというものなのです。

ですので今までの手間がかなり省けます。またさらにその間の洗車もただ水で洗うだけでいいようになるのです。水をホースでかけて洗い流す程度でしたら簡単ですし子供に頼むこともできます。また、洗車の頻度が下がるだけではなく、ガラスコーティングをするだけでかなり車の強度も上がるのです。

ですので細かな傷などもつきにくくなるのです。コーティング剤にも色々な種類がありますが、その中でもガラスコーティング剤はガラスの皮膜を作って保護をするというもので、他のコーティング剤に比べて持続する年数も長いのです。手入れの頻度を下げたいという方にこそ持って来いのものなのです。

三年間は手入れをせずに済みますので、まずは新車で購入したときにコーティングをしてみてください。

元々新車ですときれいだと思うのですが、さらに艶が増してきれいになります。少し古い車ですとコーティング剤の艶によって新車のように見えるかも知れません。三年に一度の手間というのは魅力的です。

愛車と休日のドライブをするのは楽しいものです。しかし、帰宅後の洗車にかける手間を考えると、気が重くなってしまうことも少なくないと思います。洗車が気軽にできるのならば越したことは無いという方は多いはずです。

そんな時に便利なのがガラスコーティングです。ガラスコーティングというのは、ガラスの主成分をもとにして作られた硬くて透明度の高い被膜のことです。塗装の上に被膜を作ってしまえば、洗車の後に毎度ワックスを塗る必要もありませんし、軽く水洗いをするだけで、汚れがほとんど落ちてしまうのです。コーティングには様々な種類があり、ガラス系以外にもリーズナブルなポリマー系や、防汚効果の高いテフロン系などがありますが、ガラスコーティング以外の物は時間の経過と共に、コーティング自体が劣化し、それが汚れの原因になってしまったり、耐久期間が全体として短く、頻繁なメンテナンスを必要とするものも多いのが現状です。ガラスコーティングは、他のタイプと比較すると初期費用は若干高めになりがちですが、被膜が持続してるうちは殆ど手入れがいらないことに加え、被膜自体も長持ちし、毎回の洗車が非常に簡単なのが魅力的です。

ガラスの膜が汚れを弾いてくれますから、基本的には水洗い、汚れが目立ってきたと感じたら時々シャンプーを使って洗う程度で長い間、愛車を美しく保つことが可能です。何より、洗車にほとんど面倒な手間をかけずに、いつも綺麗な車に乗れるのが嬉しいですね。

洗車用品の中でのお奨めは水垢を取り除くシャンプーです。水垢を取るということで少し研磨剤やコンパウンドなどが含まれているのですが、なかなか取れなかった水垢もこれできれいになります。

力を入れることなくきれいになりますし、これによりフロントガラスの視界もかなりよくなります。水垢は黒い車ですと結構目立ち、汚く見えてしまいますがこれにより非常にきれいになりますし新車と間違えられるかも知れません。そんな洗車を行った後でしてもらいたいのはガラスコーティングです。

元々水垢を取り除いた後でガラスコーティングを行うことによって今度は水垢がつきにくくなるのです。せっかく水垢を洗車によって落としたのですからそのきれいな状態は残しておきたいものです。水垢を落とす洗車用カーシャンプーはあまり使いすぎますと塗装まで取れてしまう可能性もありますので洗車の頻度を少なくするためにもガラスコーティングをすることがおすすめです。

ガラスコーティングをすると水垢が万が一ついたとしてもただ水洗いをするだけで取り除くことができます。表面が滑らかですのでボディーには入り込みにくくなるのです。またガラスコーティング用品の中でもおすすめなのはガラス系と呼ばれるものではなくて、本当に石英ガラスを使っているものです。

こちらは耐久性がよく、更に艶もきれいということでかなり好評なのです。利用者も満足している洗車用品を見つけて使うようにしてください。

車を使う人にとって決して欠かすことができないのは洗車です。洗車をした後のピカピカの美しさを保つためにはよくコーティング剤を使いますが、コーティング剤にも色々なタイプがあり、それぞれ効果に違いがあります。

コーティング剤の中でも一番効果が高いのはガラスコーティング剤だといわれていますが、他のコーティング剤に比べて比較をしたときにどのような違いがあるのでしょうか。まずガラスコーティング剤の持続期間なのですが、大体3年くらい持続するものが販売されています。それに対してガラスコーティング剤以外の通常のコーティング剤の場合でしたらそこまでは持たず、たった1年くらいしか持たないものもあるのです。そしてガラスコーティング剤はガラスの容器にしか入れることが出来ません。

というのもプラスチックなの容器に入れていますと固まってしまうからです。それに対して通常のコーティング剤の場合はプラスチック容器の中に入れても固まらないのです。またキズを隠す効果について比較をしてみますとガラスコーティング剤のほうがよりきれいに小さなキズでもかくしてくれる効果があります。

価格はガラスコーティング剤のほうが高くなるのですが、一年ごとのコストなどを考えてみますとガラスコーティング剤のほうが安くなります。ガラスコーティングを使えば洗車の手間の省ける期間も長くなりますし、洗車が面倒だという方に向いているのはガラス系のコーティング剤ということになります。

洗車を浴している方には検討していただきたいです。

洗車というのは手間がかかるものです。実際に経験をした事のある人でしたら分かると思いますが、とにかく洗う面が広いですし、夏場などは洗っているそばから乾燥してしまいますので泡がこびりついてしまう可能性もあるのです。きれいにするための洗車が逆に汚くなってしまう可能性もあるのです。

しかしその面倒な手間を省いてくれるのがガラスコーティングなのです。これを行うとその後の洗車の手間がかなり省けるのです。ガラスでコーティングをすることもあり、汚れが付着しても簡単に取れるようになるのです。

雨の日の運転だけでほこりを取ることもでき、手入れがかなり楽になります。そんなガラスコーティングですが、実際に利用するときには事前に洗車をしておく必要があります。これを面倒だと思う方もいらっしゃるかと思いますが、しっかりと洗車をしなければその上にガラスコーティングをしても汚いままになってしまうのです。

しかしこのときの手間だけでその後の手間が簡単になることを思えば決して大変なことではありません。またキズがある場合にはコンパウンドを使ってきれいにキズをとってください。コンパウンドとはよくカー用品ショップで販売されていますが、これを使うことにより、傷のある面を研磨してくれるのです。

ただ、あまりにもコンパウンドを使いすぎてしまいますと塗装が取れてしまう要因になるので気をつけてください。下準備をしっかりとしてガラスコーティングを行ってください。

車はいつまでもピカピカにしておきたいもの。でもつい面倒で、洗車を先送りしてしまったこと、ありませんか?

雨や表面についた細かいチリは、そのまま放置すると、車の塗装の痛みの原因になります。洗車後、表面をガラスコーティングで仕上げれば、紫外線による劣化を防ぎ、すでに付いてしまった傷を保護することが出来ます。洗車は車の塗装を保護して、長く大切に使う方法のひとつなのです。

だけど小まめな洗車はやっぱり大変・・・。
そんな方には、ぜひガラスコーティングをお勧めします。使用方法は中性洗剤で車に付いた水垢や油膜をきれいに洗い落とし、水分をしっかりとふき取ります。ガラスコーティングを2~3滴吸い込ませたスポンジで薄く塗り伸ばし、すぐに乾いた柔らかいクロスでふき取るだけ。あとは塗布後12時間ほどは濡らさないように気をつけてください。
これだけの方法で車の表面はピカピカになるはずです。

しかも従来のワックスなどと比べるとガラスコーティングの効果は長期間持続します。見た目の美しさだけでなく、長期にわたって表面がガラス質の皮膜で保護されるので、車本体へのチリや雨水の付着を防いでくれます。しばらくは簡単な水洗いだけで洗車を済ますことが出来ますし、次に洗車をするときも汚れの付着が少ないので格段に手間を減らすことが出来るのです。

また、ガラスコーティングの大きな特徴として「親水性」があげられます。ワックスなどをかけると水滴が玉状になりますが、これを「撥水性」といいます。玉状になった水滴はレンズ効果を持つため、塗装は紫外線のダメージを受けやすくなります。ガラスコーティングにはこの現象を防ぐ「親水性」があるのです。

洗車は、とても手間のかかる作業です。車に水をかけてから、泡立てた洗剤でしっかり汚れを洗い流す必要があります。洗車後にはワックスもかけるので、長時間かけて行うのが一般的です。

しかし、いくら丁寧に洗車しても、雨に降られるとすぐに汚れてしまうのです。せっかく綺麗になった車がすぐに汚れてしまってガッカリした方も多いでしょう。

そこで、ガラスコーティングで、愛車をいつまでも綺麗にすることをお勧めします。このガラスコーティングとは、車の表面にガラス皮膜を形成することです。ガラス皮膜が雨を弾いてくれるので、汚れがつきにくく、簡単に洗い流せます。
つまり、このガラスコーティングを施すことで、愛車の洗車回数が減少するのです。洗車で使用する洗剤も減るので、コスト削減にもなります。最も大変であったワックスがけが必要なくなるので、洗車も手短に済ませられます。

ガラスコーティングを行うには、ガラスコーティング剤を使用するのがお勧めです。なぜなら、業者に依頼すると高額の費用がかかってしまうからです。現在では、安価なガラスコーティング剤があるので、個人でも簡単にできます。

コーティング剤の使用前には、洗剤でボディの汚れを落としておくなどの準備が必要です。さらに、使用説明書通りに使わないと、ボディに斑ができたりします。いったんコーティングすれば長期間効果が持続するので、作業は丁寧に行うべきです。

ガラスコーティングはガラス皮膜によるものなので、経年劣化しにくいのが特長です。大切な愛車を、このコーティングでいつまでも新車の輝きのままにしてみましょう。

洗車をするときにおすすめの道具といえば高圧洗浄機です。これは非常に大きな機械だと思っている方もいらっしゃるかと思いますが、実は家庭用のものはそれほど大きなものではありません。

高圧洗浄機は圧力を高めて水を噴射するときに強い水流が出るようになっているのが大きなな特徴です。ですのでしつこい汚れや水垢にもいいのです。さらに水道代もかなり節約することができます。それほど水を使わなくても圧力によってきれいに取り除いてくれるからです。ですのでガラスコーティングをする前の洗車にこの道具を利用してみるのもいいかも知れません。

ガラスコーティングをする前には完璧にきれいにしておかなければいけないからです。洗車をきれいに行った後にガラスコーティングをすることによって思ったような艶出しの効果が出ます。ちなみに一度ガラスコーティングを使いますとその後は高圧洗浄機のような特別な洗車道具を使わなくても普通のホースの水だけで洗車を行うことができます。それだけではありません。

雨の日にさらしておくだけでもきれいになるのです。今まででしたら雨は水垢の原因になるということで天敵とされていましたが、ガラスコーティング剤はそれを逆手に取った発想なのです。降った雨はガラスコーティングをしたボディーによくなじみ、洗い流してくれるからです。

ですのであまり洗車をしなくてもいいようになります。高圧洗浄機を使わずに手洗いで洗車した後でもガラスコーティングを使えます、是非おすすめですので試してみてください。

お持ちの車をまるでモーターショーで見る車のように贅沢な光沢感のあるボディにし、細かいキズや汚れからも守ってくれるのがガラスコーティングです。ガラスコーティングをすると水や汚れを弾きやすくなるので洗車の仕方が楽になると聞いたことのある方も多いでしょうが、ではどのように洗車をすることになるのでしょうか。

ガラスコーティングをすると、洗車の仕方が基本的には水洗い中心になります。コーティングをしているとはいっても大きなキズは大敵です。全体を水で流して、ホコリや砂、土などの細かいゴミを洗い流します。高圧洗浄機があると望ましいですし、それ一台で洗車が完了する場合もありますが、ホースの水でも差し支えありません。上から下へ、を基本にして汚れを落としていきましょう。

全体を洗い流せたら水を拭き取ります。キズがつかないように柔らかい布でやはり上から下へと拭き取っていきます。ガラスコーティング剤が水を弾いているので、この作業は比較的楽になっているのが実感できるでしょう。

水洗い、拭き取りと洗車を進めてもなお汚れが残っている場合はカーシャンプーを使用します。汚れのある箇所をブラシなどでピンポイントでこするということは避けて、やさしく拭き取るようにして洗って下さい。なお、面倒だからと水洗いを省いてカーシャンプーをするという洗車の仕方はおすすめできません。砂や異物が車の上をすべり、キズにつながることが考えられるからです。

ガラスコーティングを施したらそれに合った洗車の仕方を身につけて、愛車のきれいな姿を長持ちさせたいものですね。

自動車の洗車はなかなか大変なものです。確かにガソリンスタンドの洗車機を使えば短時間で手っ取り早くてそれでも良いのですが、少々物足りなさを感じる方も中にはいるでしょう。自分の車だったらなおさらです。

今、カーショップ屋さんに行くと店内には色々な種類の洗車関連のグッズやガラスコーティング剤が売られています。

どれにするか迷うとまず思います。洗車を自分でするならばまずは自動車用の洗剤を買うことです。ついでにガラスコーティング剤や必要に応じて油膜取り剤やワックスなども一緒に買っておくと又買いに行かなくて済むので時間の節約になります。洗車の手順としては、まず大まかに水やお湯を掛けるなどして全体の汚れを落とします。

必ず車の屋根から掃除をしてください。そうしないと屋根に付いた汚れが流れ落ちてまた車が汚れてしまいます。全体的な汚れが落とし終わったら今度は洗剤を付けて洗います。柔らか目のスポンジや市販の毛の付いた洗車ブラシが売られているので利用してみて下さい。あんまり力任せに擦らないで下さい。傷が付いてしまいます。

優しく洗ってあげて下さい。一通り洗ったら良く泡や汚れを落として下さい。そして、いよいよガラスコーティング剤の登場です。一応、ガラスコーティング剤の説明書きに目を通してから使用して下さい。

ガラスコーティング剤を自動車の窓ガラスに塗ってください。特に前面のガラスを中心にガラスコーティング剤を塗っていくと良いでしょう。