ガラスコーティングが有効な理由

洗車の仕上げにガラスコーティングが有効な理由を挙げています。

車のガラスコーティング剤のメリット・デメリット

カーワックスと比較した場合のガラスコーティング剤の主なメリットとデメリットは、

ガラスコーティングのメリット
  • コーティングすることによって特殊な皮膜をつくり、劣化要因や汚れからボディを保護できる
  • 長期的にメンテナンスの手間が軽減される
  • 長期的にみて洗車にかかるコストを抑制できる
  • 保護性能の耐久性や持続性が高い
  • 重ね塗りによって性能や光沢を増す効果が期待できる
  • 青空駐車のオーナーの洗車作業が軽減される
  • ワックスとはひと味違うツヤや光沢が出る
 
ガラスコーティングのデメリット
  • 低年式車やボディの劣化が激しい車の場合、施工の手間がかかる
  • 施工の際は皮膜のムラができないように丁寧に作業する必要あり
  • 施工前にきちんと洗車をしておかないと、水垢や汚れまでコーティングしてしまうことも
  • 専門業者にガラスコーティングを依頼すると高価になる
 

ガラスコーティングが向いてる人とは・・・

車を使用する頻度が多ければ多いほど、外気に触れ、砂やホコリ、鳥のフン、路面のピッチ・タールを浴びる可能性が高くなります。

ガラスコーティングはこんなヒトにおすすめ

  • 青空駐車している
  • 頻繁にワックスがけができない
  • 通勤で車を使用する
  • 頻繁に車に乗る

こんな人はガラスコーティングがオススメです。

ガラスコーティングの一番の目的は、ボディーの塗装の被膜、保護する事です。頻繁に車に乗る人、青空駐車の人は常に直射日光や外気に触れてる訳ですから、車を守るという意味でもガラスコーティングが最適と言えます。

このページの先頭へ